ブログ

茨木市・箕面市など北摂地域を中心に皆様から信頼されるを目指す住宅リフォーム会社のブログです。


みなさんこんにちは😀

今日も朝から暑かったですね∼💦この季節の現場での作業は大変です・・・が

いつも思うのはクラブ活動に頑張る子ども達!炎天下の中で汗を流しながら

クラブ活動を頑張る子ども達の事を思うと、大人も頑張らなくては!と。

とは言うものの、熱中症には気をつけたいと思います😖

今日は「茨木市の・・・2」と言う事で、前回子どもの夏休みの自由研究の調べ物

の為に訪れた図書館。そこには茨木市にゆかりのある方

「富士正晴」さんの事を少しだけご紹介しました。

今回は

「川端康成」 さんについて少し。

img_0[1]

この方です。少し長くなりますが (Wikiよりお借りしました)

川端 康成(かわばた やすなり、1899年明治32年)6月14日1972年昭和47年)4月16日)は、日本小説家文芸評論家大正から昭和の戦前・戦後にかけて活躍した近現代日本文学の頂点に立つ作家の一人である。大阪府出身。東京帝国大学国文学科卒業。

大学時代に菊池寛に認められ文芸時評などで頭角を現した後、横光利一らと共に同人誌『文藝時代』を創刊。西欧前衛文学を取り入れた新しい感覚の文学を志し「新感覚派」の作家として注目され、的、抒情的作品、浅草物、心霊神秘的作品、少女小説など様々な手法や作風の変遷を見せて「奇術師」の異名を持った[1]。その後は、や流転のうちに「日本の」を表現した作品、連歌と前衛が融合した作品など、伝統美、魔界幽玄、妖美な世界観を確立させ[1][2]、人間のも、非情や孤独絶望も知り尽くした上で、美やへの転換を探求した数々の日本文学史に燦然とかがやく名作を遺し、日本文学の最高峰として不動の地位を築いた[3][4]。日本人として初のノーベル文学賞も受賞し、受賞講演で日本人死生観美意識を世界に紹介した[5]

代表作は、『伊豆の踊子』『抒情歌』『禽獣』『雪国』『千羽鶴』『山の音』『眠れる美女』『古都』など。初期の小説や自伝的作品は、川端本人が登場人物や事物などについて、随想でやや饒舌に記述している。そのため、多少の脚色はあるものの、純然たる創作(架空のできごと)というより実体験を元にした作品として具体的実名や背景が判明され、研究・追跡調査されている[6][7][8]

川端は新人発掘の名人としても知られ、ハンセン病の青年・北條民雄の作品を世に送り出し、佐左木俊郎武田麟太郎藤沢恒夫、少年少女の文章、山川彌千枝、豊田正子岡本かの子中里恒子三島由紀夫などを後援し、数多くの新しい才能を育て自立に導いたことも特記できる[9][10][11]。また、その鋭い審美眼で数々の茶器陶器仏像埴輪俳画日本画などの古美術品蒐集家としても有名で、そのコレクションは美術的価値が高い[12]

多くの名誉ある文学賞を受賞し、日本ペンクラブ国際ペンクラブ大会で尽力したが、多忙の中、1972年(昭和47年)4月16日夜、72歳でガス自殺した(なお、遺書はなかった)

茨木市には川端康成文学館があります。

img_0[1] (2)

立派な佇まいですね。この前の道(通り)には

072[1]

「川端通り」と言う名前がついています、この通りは茨木市役所の近くから

南側へ「さくら通り」と名前を変えて続きます。

なんかいいですね∼「川端通り」から「桜通り」情緒を感じます😀

「川端康成文学館」は

茨木市上中条2丁目11-25です。

ぜひ桜の季節にでもゆっくりと訪れて、川端通りから桜通りに続く

桜をご覧ください。

↓すごく励みになります!1日1クリックおねがいします!↓

TOP

お問い合わせ

お見積やご相談などご希望の方はお気軽に
お問い合わせください。

タップで電話がかけれます

0120-246-390

【電話受付時間】9:00-18:00

お問い合わせ・見積依頼