茨木市・高槻市・吹田市での耐震診断・耐震リフォームのご紹介です。

耐震診断

耐震

日本列島は地震列島です。あなたのお住まいは大丈夫ですか!?

耐震診断とは

平成16年7月に国土交通省監修の「木造住宅の耐震診断と補強方法」が新しく改訂され、平成12年6月に改正された建築基準法に対応した新しい診断法になりました。新しい診断法は、一般診断法と精密診断法の2種類ありますが、耐震改修をする場合は、精密診断法をお勧めいたします。

耐震補強工事とは

必ず現況の建物の精密耐震診断を行い、その結果に基づいて、補強案を作成します。補強案は採用する工法や目指す性能ランクにより、何パターンか考えられます。専門家と相談しながら、必ず内容をご自身でご確認してください。

耐震診断の進め方

01 事前準備: 建物を建てた時の図面の確認を行います。実際と違う場合は、間取りの確認をしておきます。
02 現地調査: 専門の調査員がお伺いし、診断に必要な建物の各部の状況を調査します。 外部からの調査のほか、床下、屋根裏から調査しますが、必要に応じて、一部仕上材を撤去する場合もあります。
03 コンピュータ診断: 国土交通省監修の「木造住宅の耐震診断と補強方法」に基づいた専用ソフトで診断計算をします。
04 診断報告書作成
(補強計画書作成):
精密診断の結果を報告書として作成します。補強が必要と判断される場合は、補強計画書の作成も行います。

ぺージ上部へ