もしインフラが途絶えたら、あなたは生き延びられますか?(連載物 完結編)

創光ライフの江守です。

〔 前回までのあらすじ 〕

普段と変わらず、いつも通り爽やかなスマイルを振りまきながら精力的に仕事に取り組む私に、妻から突然の電話が・・・・。 その内容とは、住んでいる地域のガス供給が全面的にストップし街中が大混乱に陥っているという、衝撃的なものであった。

その日から主要インフラのひとつである「ガス」のない生活が始まった。 

事故の翌朝のジョギング後は心臓麻痺に充分注意しながら、冷水シャワーを浴び、震え上がりました。

妻は2つのカセットコンロを使い、朝食を作っていました。 

一番困ったのは、やはりお風呂でした。 地域の方も銭湯や親戚・友人宅にお風呂を借りに行かれていました。 ただ、後日談によると銭湯に行くにも比較的近くで営業をしている処はどこも大混雑で、かなり遠方の銭湯まで行かれた方もいたようです。 そして、親戚や友人宅のお風呂借り派の方々も大阪や福知山などかなり遠方までお風呂を求めて移動されていたようです。 

ただ、どっち派であろうと、そういう風に「動ける人」はそれが遠方であろうとも、まだいい方で一人暮らしのお年寄りの方などは、為すすべもないという方もいらっしゃったのではないでしょうか。

私達家族は私の実家(車で約15分の向日市という所)でガスが復旧するまでの間(4~5日で復旧しました)お風呂を借りました。

ただ、そんな近くに行くだけでも、妻の地域会合や子供の習い事が終わってからになるのでなかなかスムーズにはいきません。 そして、私も仕事が終わり次第、実家へ向かい晩御飯とお風呂の世話になりました。

順番に風呂に入らせてもらい、コーヒーを飲んで少し話をしているだけで、ふと気がつくと時計はいつも10時をまわっていました。

実家から自宅に帰る途中に向日市の競輪場の大駐車場があるのですが、そこには各方面(大阪・兵庫・滋賀県等)から応援に駆けつけてくれた待機工事車両でごった返していました。 職人を乗せた大型マイクロバスも4~5台停車していました。

そして、地域内の深夜スーパーやコンビ二は、どの店も職人さんでいっぱいでした。

あらためて大変なことになっているんだなぁ、と実感しました。

京都市上下水道局によると、破損した水道管は埋設して36年が経っており、酸性土壌で鉄製の管が腐食したのが原因とみられ、今後は同じ地質が広がる洛西ニュータウン一帯を重点的に調べるそうです。

配管図データを基に水道管を更新していない地点を拾い出し、別の台帳で近くにガス管が埋まっていないかを調べるそうです。

同局によると、市内の水道管全長2538キロのうち、管の更新を終えたのは09年度までにわずか336キロ。

耐震化も含め毎年30億円程度を更新費に充てているが、年間の平均更新ぺースは12.5キロにとどまっている模様です。

市内では管の老朽化に伴う漏水事故が07年度に94件、08年度に97件、09年度に74件、10年度には11月末までに34件と多発しているが、その都度補修で対応してきた。

水道部管理課は「今までは埋設時期が古い管から順次更新してきた。 今後は漏水事故があった路線の優先度も考慮して更新していきたい」としている。

上記のデータが表すように、管の老朽化に伴う漏水事故が毎年多発しています。

今回はたまたま近くにガス管があったために、甚大な被害(ガス供給停止15000世帯、水道停止1500世帯)となりましたが、いつ何時同じような事故が起こらないとも限りません。

今回、普段何気に使っているガスが急遽止まったことにより、大変な不便を感じました。

地域によってはガス・水道の両方が止まっているところもありました。

もし、我が家も水道が止まっていたら、どれだけ不便だったろうか。 考えただけでガスが止まった事の比にならない不便があったと容易に想像できます。

高度成長期につくられたインフラが耐用年数を向かえているのはどこの地域も同じのはず・・・。
財政も厳しい中どうしていくか、私たちも考える必要がありそうです。

茨木市・高槻市のリフォームは創光ライフへお任せください

 創光ライフ建築事務所のブログ


すごく励みになります!1日1クリックおねがいします! ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

弊社ホームページはこちら↓↓↓ 創光 Life 建築事務所茨木市・箕面市のリフォームなら創光ライフ

もしインフラが途絶えたら、あなたは生き延びられますか?(連載物 パート2)

創光ライフの江守です。

〔 前回までのあらすじ 〕

普段と変わらず、いつも通り爽やかなスマイルを振りまきながら精力的に仕事に取り組む私に、妻から突然の電話が・・・・。

その内容とは、住んでいる地域のガス供給が全面的にストップし街中が大混乱に陥っているという、衝撃的なものであった。

妻から衝撃的な報告を受けた私は、すぐに大阪ガスのホームページにアクセスした。

それによると、国道9号線(沓掛付近)沿いの地下1.5mのところに埋設されている老朽化した水道管(径400ミリの上水管)が破裂し高圧の水が噴出して、それが隣接している都市ガスの配管に流れ込んだため、周辺地域のガス供給が停止されたとの内容でした。

これは大変なことになったなと思いながらも、どうしてもその日中に提出しなければならない資料をやり終え、9時頃に会社を出て、帰路につきました。

帰宅途中にも親戚や友人から「大丈夫なのか」という電話やメールが鳴り「大丈夫だと思うけど、何で知ってるの?」と聞くとテレビやネットのニュースで繰り返し放送しているとのこと。(家に着いてからテレビを見ると「ガスコックをひねると水が出てきた」というキャッチフレーズで各社が放送していました。)

そして、家の方に近づいてくるとユンボ(穴を掘る機械)を積んだトラックがどんどん洛西方面に向かって走って行くではありませんか。 洛西地区に入るとユンボ+作業者+警備員+照明が1班(6~7人)となり、いたる所で地中に穴を掘ったり、掘る準備をしていました。 そして道という道には待機車両の列が・・・。

私はざっと街中を巡回し状況を確認したあと、家に帰りました。(時刻は10時ぐらいでした。)

私は家に着くなり、まず家族の安否を確認(連載物なので少し大げさにしてます)し、その後、再び大阪ガスのホームページにアクセスし情報を求めました。 すると、希望者全員にカセットコンロの貸し出しがあるとの事でしたので、すぐに依頼の電話をしました。 11時過ぎに大阪ガスの職員2名がカセットコンロを持って来てくれました。 私は再度、事故の原因、現在の状況、復旧の目処について説明を求めました。 ただ、復旧の目処だけは全く見通しがつかないが、たぶん4~5日は掛かるだろうとの返答でした。

復旧の目処が立たない以上、ガスの無い生活に対応しなければなりません。

まず、風呂。 上の息子は友達と習い事に行っていたので、友達のお父さんが迎えに行ってくれてそのまま銭湯に連れて行ってくれたようです。 下の息子はタオルを絞って、それで体を拭いてもらっていました。 そして妻、対応に追われてまだ風呂に入れていないので、今から風呂に入るからカセットコンロで湯を沸かして風呂に持ってきてほしいとのこと。(この週は初夏にもかかわらず、とても寒い日が続いていました。) 私は元々家にあったカセットコンロと大阪ガスから借りたカセットコンロをテーブルに並べて鍋の中に水を入れ、火にかけました。

そして、沸いた方から順に風呂場へ持って行き、妻に渡す。 そして、それに又水を入れて火にかける。 を繰り返していました。 あまりにも自分の手際が良く、有名ホテルの厨房で働く凄腕シェフになったような感覚を今でも覚えています。 そんなこんなでこの日は終了しました。

さて、問題は次の日の朝。 私は毎朝、ジョギングの後にシャワーを浴び汗を流します。

しかし、この寒い時にシャワーが出ない・・・。 ガスが復旧するまでジョギングをやめるか、または走ってからその後の事を考えるか。 とりあえず走ろう。 でも、やはりその後が大変でした。 水のシャワーで髪を洗い(前かがみになり、体に水が掛からないように)、手足には我慢して水を掛け、ただ体だけは心臓が止まりそうな予感がしたのでタオルで拭く程度にしました。 湯が使えないだけでこんなに大変なんだ。

つづく

茨木市・高槻市のリフォームは創光ライフへお任せください

創光ライフ建築事務所のブログ


すごく励みになります!1日1クリックおねがいします! ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

弊社ホームページはこちら↓↓↓ 創光 Life 建築事務所茨木市・箕面市のリフォームなら創光ライフ

もしインフラが途絶えたら、あなたは生き延びられますか?(連載物 パート1)

創光ライフの江守です。

昨日、午後からあるお客様と屋根工事の打合せをしていました。

仕事の話が一段落した後、数ヶ月ぶりにお会いしたのでお互いの近況報告会となりました。

その中でお客様から「ところで江守君、あのガス事故の時は大丈夫やったんか?」と聞かれ、久しぶりにあの悪夢を思い出しました。

あれは、忘れもしない約2ヶ月前の6月20日(月)のことでした。

その日、私はいつも通り、爽やかなスマイルを振りまきながら、順調に仕事をこなしておりました。

ところが、午後3時くらいに妻から「ガスコンロが使えない」という電話がありました。 その時は「元栓が閉まってるんちゃうか」もしくは「コンロが故障したんかなぁ」ぐらいの軽い返事をしていました。

その後、2度目の電話では「お風呂が沸かせない」「シャワーも水しか出ない」という内容でした。 その時も「ガスの大元栓が何らかの不具合で閉まったんちゃうか、帰ったら見てみるわ」みたいな返事をしていました。

しかし、夜7時くらいの3度目の電話では「どこかで地中のガス管が破裂して洛西(私が住んでいる京都市西京区の洛西地区)中のガスが全部ストップしている」、「友人や近所の人も近くの銭湯や親戚のところにお風呂に入らせてもらいに行っている」「スーパーや飲食店なども全てガスがストップしているので商売ができないみたい」、「復旧のメドは全くたっていない」、「だから早く帰ってきて、私たちをお風呂に連れて行って~」と言う悲壮な叫びでした。 そこで、初めて事態の深刻さに気づき、見積作成の手を一旦止めて、大阪ガスのホームページを見ました。 するとトップ画面に関連ニュースが載っており、そこには衝撃的な事実が載っていました。  

つづく

茨木市・高槻市のリフォームは創光ライフへお任せください

創光ライフ建築事務所のブログ


すごく励みになります!1日1クリックおねがいします! ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

弊社ホームページはこちら↓↓↓ 創光 Life 建築事務所茨木市・箕面市のリフォームなら創光ライフ