西国街道景色


昨日はもっと天気が荒れて涼しくなるのかと思いきや、暑かったですねー

まだ残暑が厳しく暑さに負けそうになります。。。

今日から9月に入りました!平成最後の9月!(平成最後の○○を使ってみたかったので・・・)

当社箕面ショールームは箕面市小野原東にありますが、すぐ近く、北側に西国街道が東西に通っています。東やら西やら北やらややこしくてすいません。

この前、現場が近かったので現場の行き帰りに少し歩いてみました。本当に情緒溢れるいいところです。

※今日は写真が多いです

 

↓有名な椿の本陣↓

年に数回、一般開放があります。現在も当主の方がお住まいなので、その時以外は予約が必要です。

そもそも椿の本陣とは?

「江戸時代に、西国大名などが宿泊した旅館。正式には「摂津郡山宿本陣」と言う。御成門(入口)に見事な椿の木があったので「椿の本陣」と呼ばれるようになった。旧西国街道(山崎道)の3番目の宿場である、郡山宿にある本陣で、国の史跡に指定されている。」

こんな趣のある↓

似てるけど違いますよ↓

今ではあまり観なくなったデザインの土塀も↓

こんな白がキレイです↓

手水鉢があったり↓

個人的に好きな小道・脇道↓

こんな小道を抜けると↓

良い景色です!

こんな石垣が残っていたり↓

なんとも味のある電灯のあるお屋敷↓

空に映える風景↓

下を見れば↓

いかがでしょうか?週末にゆっくりと歩いてみては?

 

いやいや、そもそも西国街道とはなんぞや?

西国街道(さいごく〈さいこく・せいごく・せいこく〉かいどう)は、江戸時代における街道の1つであり、近世山陽道の別名である。また、西国路(さいごく〈さいこく・せいごく・せいこく〉じ)、中国街道(ちゅうごくかいどう)、中国路(ちゅうごくじ)、山陽路(さんようじ)などとも呼ばれる。

京都から下関、あるいは九州の太宰府までの経路で、律令時代大路として整備された「山陽道」とほぼ一致する。

また、狭義の西国街道として、同街道のうち京都 – 西宮までの区間(山崎通)、あるいは同じく山陽道として西宮 – 下関の区間を指すこともある。」

です。。。

暑かった~


すごく励みになります!1日1クリックおねがいします! ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

弊社ホームページはこちら↓↓↓ 創光 Life 建築事務所茨木市・箕面市のリフォームなら創光ライフ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)